人間って五感がありますが、その五感のうちの一つでも取り払うと残りの感覚がそれをカバーするように鋭くなるらしいです。電話鑑定は五感のうちの視覚、触角、嗅覚、味覚を取り除いていますから、残った聴覚のみを頼りにして行う占います。それが電話鑑定です。お客さんの生年月日や血液型、氏名、年齢、星座、干支、生まれた時間、家族構成などの中から占う方法によって何らかの情報を提供すると思います。ですから聴覚と間接的ではありますが、人間としての実態の視覚は得られる場合もあります。電話鑑定の中で霊感占いがありますが、その場合は見えない物が電話鑑定の占い師には見えてくる時もあります。その場合も聴覚プラス視覚が生かされます。
http://uranai-cosmos.jp/