包茎と一言で言ってもその種類は様々なものがあります。
子どもの頃は誰しもが生理的包茎と呼ばれる状態にあります。
しかし、一定の年齢に達すると包皮と亀頭の癒着が剥がれて、包皮を亀頭の根本にまで下げることが出来るようになります。
これが仮性包茎です。
日本人のほとんどがこの状態だと言われており、清潔な状態を保っておけば問題がありません。

大人になっても包皮から亀頭を露出できない真性包茎や無理やり亀頭を剥いてしまったがために亀頭が浮腫み、元に戻すことが出来なくなってしまったカントン包茎は亀頭を露出することが出来ないため清潔な状態を保つことが難しくなります。
したがって、その余分な包皮を切除する手術を受ける必要があるのです。

手術をするために必要なクリニックを選ぶポイントは多くありますが、その中でも「カウンセリング」を受けてみるというのが一番効果的でしょう。
多くのクリニックは手術のカウンセリングを無料で行っています。
そのため、自分に最適な治療方法を提案してくれます。
また、その時の態度や言葉遣いなどで信頼できるかどうかを知ることもできるのです。
上野クリニックなどの有名クリニックを中心に複数カウンセリング受けるのがおすすめです。

https://www.ueno.co.jp/phimotic/treatment/