今回の新型コロナウイルス騒動によって、倒産する企業が増えてきました。
倒産までいかなくとも大幅なリストラなどを行っている企業や、ボーナスのカットなど待遇の悪化などによって、転職を余儀なくされるケースも増えてきました。

転職をする際に、最も重要な事は、自分の価値を高めておくことです。
基本的に年齢が上がれば上がるほど、転職のハードルは高くなります。
年齢に比例するように、求められるものも高くなってしまうのです。
転職する際には、すでに即戦力が求められます。
そのため、面接官の方に自分の価値を客観的にわかりやすくしておく必要があります。
そういった時に便利になってくるのが、やはりこれまでの経歴や取得している資格などです。

不動産業界では、業種によって様々な資格が必要になります。
これから転職したいと思っている会社や業種に合わせて資格を取得しておくのもキャリアアップに直結します。
例えば、宅地建物取引士や不動産仲介士、不動産コンサルティングマスター、ファイナンシャル・プランニング技能士などは、転職をする時に、かなり有利になる資格ですので、時間を見つけて取得するようにしましょう。
これらの資格は、転職する前にも不動産業界で活躍する際に必要となる資格です。
職場での地位向上にも役立ちますので、不動産ココの情報を参考にしながら、ぜひ試験勉強をはじめましょう。

不動産業界でのキャリアアップ・転職・就職のための総合情報【不動産ココ】