かつては借金地獄から逃れるための制度といえば、自己破産くらいしかありませんでした。
自己破産は借金が帳消しになるものの、職業制限がかかったり、家や土地などを失うことになり、借金からの解放という大きなメリットと引き換えに、大きな負担も伴います。
これに対し、現在では財産を失うことなく借金を軽減できる任意整理や特定調停、民事再生など様々な債務整理の方法が用意されています。
債務整理の手続きに入る前に検討したいのが、金利カットによる過払い金請求です。
貸金業法が改正されルールが厳しくなる前は、法定外の金利で貸し付けを行う業者がかなりありました。
そのため法律による上限金利で引き直し計算を行い、払いすぎている部分がある場合には金利カットによって過払い金を取り戻すことができるのです。
払いすぎたお金を取り戻して、金銭的な余裕をもったうえで、借金の減額や返済期間の変更などの軽減措置を話し合うことができれば、だいぶ楽になりますね。