ブルーコンシャス株式会社が取り扱っている風力発電機、小形風力発電機は、住宅地で設置することも可能です。
住宅地に風力発電機を導入するとして、どういう点を懸念材料としてあげることができるでしょうか。
主なものとしては、建てるためのスペースが足りないのではないか、音がうるさ過ぎるのではないかというものです。
ブルーコンシャス株式会社が採用している小形風力発電機は、こうした点を心配することなく設置できる点を特長としてあげることができます。

まず設置スペースの問題ですが、小形風力発電機は小さな庭にも設置できるほどのコンパクトサイズで、重量も非常に軽いです。
小さく軽いだけでなく、堅牢さも兼ね備えており、風を瞬時にうまく捉えてくれるため発電効率も優秀です。
次に騒音の問題ですが、サイレント・ディスラプタ方式によって、音を大幅に気になりにくくすることに成功しています。
こうしたことから、住宅地で設置し、使っていくこともできるようになっているのです。