ここ数年でネットスーパーの存在はぐっと身近になったように思います。
そして以前は宅配サービスと言えば、お年寄り向けという意識も強かったように思いますが、そのイメージも変化したように思います。
実際に利用者の年齢や利用理由なども変わってきているのではないでしょうか。
家に居ながら買い物ができるということは、まず弱者に対して心強い存在だと思います。
お年寄り、身体の悪い方、妊婦さんなど重いものを持てない、交通手段がないという場合にはすごくありがたい存在ですよね。
転勤族でまわりに知り合いがいないという方でも、具合が悪い時、また子供から手が離せない時には助かりますね。
また普及が進む中で、弱者だけではなく、家計の節約などにも一役買う場合もあるのではないかと思います。
実際に買い物に行くと、メモをしてあった必要なものの他についつい目を惹かれてしまった商品をいくつもカゴに入れてしまうこともあるし、安いからということで余計なものを買うことも多いと思うのです。
その点、ネットスーパーでは時間をかけて冷静な判断で購入を決めることもできますし、必要なものだけを買って買い物を終了させることも可能だと思います。
以前はインターネットでの買い物というと高くつくというイメージもありましたが、最近では宅配料が場合によっては無料ということもありますし、実際の店舗で出しているチラシとインターネット上の金額が同じという場合も多いです。
その点でも割高、損をするということも無くなっている中でネットスーパーは買い物の新しい形だと思いますし、頼りになる存在だと思います。
自分でも是非これから活用していきたいものです。
ネットスーパー選びなら、@nifty ネットスーパー初心者ガイド